園便り
 園便り2015年10月号2015.10.8
台風の18 号の影響もあり、例年になく9 月は雨の多い一か月でした。外でカラダを動かす機会が少ない中、いよいよ今週末は運動会です。
4 月からの心身の成長を見ていただく行事なので、子どもたちが普段通りの力を発揮できれば良いなと祈るような気持ちです。しかし、運動会というのは子どもたちの一生懸命な姿を見るだけでも感動するものなのかもしれません。
走る姿や遊戯を見てジーンと感動したり…今年もたくさんのドラマが詰まった一日になることでしょう。
また、今月は、乳児クラスの懇談会、いも掘り(9日)、収穫祭(15 日)など楽しいこと目白押しの一ヶ月です。
保護者会のお手伝いがなければ実現できないイベントばかりでもあります。
ご協力よろしくお願い致します。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年10月号」

 園便り2015年9月号2015.9.3
 玄関ホールで涼しげに鳴いている鈴虫の声を聞いていると暑かった夏が遠い昔のように感じられます。プールや緑のカーテンが片付けられ、園庭には納涼会の舞台が設置され、保育園の環境もすっかり秋仕様です。
 さて、今週は子どもたちも楽しみにしている納涼会&流しソーメンです。夏の終わりの人気行事、お祭り気分を味わいたいと思います。そして、来月には秋最大のイベント運動会が行われます。子どもたちの4 月からの成長を保護者の皆さんと実感できる機会になるよう準備を進めていきたいと思います。今年はどんなドラマが待っているのか楽しみです。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年9月号」

 園便り2015年8月号2015.8.8
 連日熱い日が続いています。お昼寝時間帯にはスズメ達が園庭の水たまりをみつけ水浴びしています。
 さて、小学校が夏休み期間に入ったからでしょうか、家族との時間をとるためにお休みする園児も見受けられるようになりました。家族で過ごす時間は、保育園とは種類の違う楽しみがあるのでしょう。
 毎年恒例の納涼会を9月3日(木)に行います。すくすく・異年齢クラスは、甚平または浴衣での登園をお願いします。
 盆踊りやゲーム、お店屋さんも登場します。当日は保護者からも数名のお手伝いをお願いする予定ですので奮ってご参加ください。また、今年は 夏の人気行事“流しソーメン”を当日の午後に行います。いつもおやつで食べている素麺も環境や食べ方が変わると子どもたちの食欲も大幅にアップ。毎年、ハプニング満載の食のイベントです。HP等での報告をお楽しみに。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年8月号」

 園便り2015年7月号2015.7.3
庭のヤマモモの実がすっかり熟し、毎日の収穫が楽しい今日この頃です。季節は一日一日夏に向かって変化しているようです。そして、先月26日にプール開きを行いましたが、暫くは梅雨らしいジメジメした天気が続きそうです。
今年は水遊びがもっと楽しくなるようにとシャワーを取り付けるなどプールを改造したりしましたが少しの間お預けが続きそうです。
また、今月は年長いきいき組さんのお泊り会が行われます。今年は「木のロボット達」とのふれあいを楽しみながら当日を迎えたいと考えています。保育園全体の子どもたちにも影響を与えるイベントですので、保護者の皆さんも一緒に「ウソのようなホント」の世界を是非お楽しみください。


続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年7月号」

 園便り2015年6月号2015.6.5
先日の全体懇談会は土曜日にもかかわらず多数の保護者の方々が集まってくれたこと心から感謝しています。直接、顔を見ながらの意見交換で保育園側も様々な情報を得ることが親子遠足楽しかったですね。アンケートでもいろいろな感想・ご意見・ねぎらいや感謝の言葉ありがとうございます。職員はみなさんの声を聞くことを楽しみにしていますので本当に感謝、感謝です。今月末からは子どもたちが大好きな水遊びが始まります。梅雨の前の晴天が続きますように!


続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年6月号」

 園便り2015年5月号2015.5.8
先日の全体懇談会は土曜日にもかかわらず多数の保護者の方々が集まってくれたこと心から感謝しています。直接、顔を見ながらの意見交換で保育園側も様々な情報を得ることが出来ました。また、園長の話は相変わらず尻切れトンボのようになりましたが、そのくらい盛りだくさんの保育になるということでお許しください。
さて、今年は“ロボットと小麦”等を活用しながら子どもたちの“目に見えない力”を育てることにチャレンジしていきたいと思います。くらき永田保育園らしい「繋がりと連続性」を大切に一年を過ごし、一生ものの心に残る体験と経験を積んでいけるよう保育をすすめます。そして、保護者の皆さんもこの繋がりの輪の中に一緒になって楽しんでくれることを期待しています。(5月9日より 寂しがり屋のロボットに家庭での生活を体験してもらうウイークエンドホストファミリーも始まります)

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年5月号」

 園便り2015年4月号2015.5.8
発表会では大勢のみなさんの大きな拍手を受けて、満足気な表情で舞台を降りてくるシーンが忘れられません。
18名の子どもたちが保育園を卒園していきました。堂々とした姿で卒園証書を受け取り、大きな声で歌う卒園児たちの成長した姿に涙が止まりませんでした。悪いニュースが多い中、子どもの成長だけは明るい未来を予感させてくれます。
そして、今月から、新しいお友達18名が新たに保育園の仲間入りです。今年は子ども子育て支援新制度の開始の年になります。法律が変わってもくらき永田保育園は、みんなの「大きなお家」として「子どもの最善の利益」を常に考え保育にあたりたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年4月号」

 園便り2015年3月号2015.3.6
発表会では大勢のみなさんの大きな拍手を受けて、満足気な表情で舞台を降りてくるシーンが忘れられません。
10か月前の子どもたちの姿を思い出しながら子どもの歌や演技を見ていると何度も胸が熱くなりました。
アンケートにも同様の感想が多く綴られており、それを読んでまたジーンときてしまう園長です。
さて、早いもので26年度最後の月となり、卒園式の歌が保育園に響き渡る季節になってきました。
年度末の慌ただしい季節ですが、ひとりひとりの育ちを確認しながら一年を締めくくりたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年3月号」

 園便り2015年2月号2015.3.6
保育園内には先日の「マグロ解体&透明標本ワークショップ」の興奮の余韻が残っているようです。このような機会を与えてくれた保育園の協力者の皆さんに改めて感謝したいと思います。さて、早いもので平成26年度も残すところ二ヶ月となり、2週間後には「笑い」と「涙」と「感動」の発表会が近づいてきました。先月中旬からは食堂には舞台も搬入されて子どもたちも気分が盛り上がってきています。巷ではインフルエンザやノロウイルスが猛威をふるっているニュースが流れてきますが、保育園の子どもたちは元気に遊び、生活できるように配慮していきます。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年2月号」

 園便り2015年1月号2015.1.9
新年明けましておめでとうございます。今年は年末年始が長かったこともありお正月はご家族そろってゆっくりと過ごせたのではないでしょうか? 今日から職員は仕事モード、子どもは遊びモード全開で過ごしたいと思います。
さて、26年度最後の大きな行事、発表会が2月14日バレンタインデーに行われます。今年もいきいき組の創作劇や、久保先生監修のわらべうた、乳児クラスの可愛い姿等々、見どころ満載。子どもたちが楽しそうに表現活動する姿を是非ご覧になってください。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2015年1月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
[管理]