園便り
 園便り2020年11月号2020.11.13
例年であれば運動会終了後、秋晴れが続き外遊びや自然遊びを楽しむ姿が見られる季節ですが、先月は、雨や台風のニュースに一喜一憂する晴天が少ない一カ月でした。そんな中でもバケツ稲刈り、芋掘り、収穫祭といった体験行事を無事に行うことが出来たことは“さすがくらき永田保育園”といったところではないでしょうか。お手伝い頂いた多くの保護者の皆さんには感謝しかありません。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2020年11月号」

 園便り2020年10月号2020.11.13
コロナ禍での初の運動会は小雨が降りしきる悪条件の中で行われました。9月は太陽が出たのがたったの一日、さらに連休もあり練習らしい練習もできない状態で迎えた運動会でもありました。開始前はどうなる事やらと心配ばかりの運動会でしたが、始まってみると子どもたちは雨や服の汚れなどを気にすることもなく一生懸命走り、また、楽しそうに踊る姿には本当に感動しました。また、その子どもたちの頑張りを支えたのは保護者の皆さんが「心地よい場の空気づくり」をしてくれたからだと思っています。子どもの力を信じ、そして、温かい拍手で応援してくれたことで、力を発揮できた子どもは多かったのではないでしょうか。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2020年10月号」

 園便り2020年9月号2020.9.4
想像以上に盛り上がった夏祭りごっこも終了し、園庭からプールも姿を消しました。これからはゆっくりと運動会モードに気持ちが切り替わってくると思います。さて、緊急事態宣言解除後、以前と変わらぬ日常が戻っているように感じられますが、コロナ禍の保育園の生活は食事場面や水遊びひとつとっても昨年までとは違った配慮が必要になっています。そんな中、今月は新しい形での(3〜5歳児の)運動会が行われます。短時間ではありますが、その中で子どもたちの成長や子どもたちがどのように運動会の運営に参画したのかを見ていただけたらと思います。9月も猛暑は続くようですが、熱中症予防に注意を払いながらカラダを動かしていきたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2020年9月号」

 園便り2020年8月号2020.8.8
今年の夏は猛暑が予想されると言っていたのにもかかわらず、7月は太陽が全く顔を出してくれないような日照不足・・・。組み立てられたプールもほとんど活用できていない状況が続いています。ここ最近の異常気象は、保育園で積み上げた夏場だけでなく保育園生活全般の遊びや過ごし方を見直さねばならないと感じています。子どもたちがストレスなく生活できるよう健康面と安全面には注意を払って今年の夏を乗り切りたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2020年8月号」

 園便り2020年7月号2020.7.8
緊急事態宣言が解除され一カ月が経過しました。保育園も徐々に日常を取り戻し、お泊り会のような行事や保護者の皆さんから要望が多く寄せられていた保育参加・参観も再開します。今年度は春の懇談会なども出来なかったため、保護者の皆さんと保育園での様子など話し合えることを職員としても楽しみにしています。また、保育園では子どもたちの楽しい時間を提供していくことも大切ですが、それ以上に「見通しの立つ生活」を取り戻すことが大事だと考えています。子ども自身が見通しの立つ当たり前の毎日があるからこそ、安心して自分らしい主体的な行動で過ごせると思うからです。


続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2020年7月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29
[管理]