園便り
 園便り2014年3月号2014.3.10
大雪の中での発表会実施で登降園は本当に大変だったと思われます。安全の確保の点では反省すべき点も多く、皆さんからいただいたご意見は今後の参考にしていきたいと思います。一方、子どもたちは大勢の観客の前でも、その子らしさを存分に発揮してくれました。「子どもが歌を歌う」そのことだけで、僕ら大人は胸が熱くなりました。子ども達のありのままの姿に成長を感じ、涙したり笑ったり・・・保育室にはいつも以上に温かい空気が流れる発表会でした。
さて、早いもので25年度最後の月となり、卒園式の歌が保育園に響き渡る季節になってきました。年度末の慌ただしい季節ですが、ひとりひとりの育ちを確認しながら一年を締めくくりたいと思います。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2014年3月号」

 園便り2014年2月号2014.2.6
早いもので平成25年度も残すところ二ヶ月となりました。今月は「笑い」と「涙」と「感動」の発表会があります。先月中旬からは食堂には舞台も搬入されて子どもたちも気分が盛り上がってきています。巷ではインフルエンザやノロウイルスが猛威をふるっているニュースが流れてきますが、保育園の子ども達は元気に遊び、生活できるように配慮していきます。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2014年2月号」

 園便り2014年1月号2014.2.6
新年明けましておめでとうございます。今年は年末年始が長かったこともありお正月はご家族そろってゆっくりと過ごせたのではないでしょうか? 今日から職員は仕事モード、子どもは遊びモード全開で過ごしたいと思います。
さて、25年度最後の大きな行事、発表会が2月15日に行われます。今年もいきいき組の創作劇、異年齢クラスの音を楽しむ“音楽”、乳児クラスの可愛い姿等々、見どころ満載。子どもたちが楽しそうに表現活動する姿を是非ご覧になってください。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2014年1月号」

 園便り2013年12月号2014.1.9
さて、今年も残すところ一ヶ月となりました。そして、いよいよ今週末は、造形祭です。今年も親子で楽しめる製作や絵本の紹介、子どもたちの生活や作品の説明など見ごたえのある行事になりそうです。
さらに、今年は、「キャンドルKUNIさんによる手作りキャンドルワークショップ」「石井造園さんによる廃材自然物製作」「GOOD DESIGN AWARD 2012受賞のおもちゃデザイナー マストロ・ジェッペットさんの玩具紹介」などなど盛りだくさんの企画が目白押しです。
また、例年通りおもちゃ病院のドクター三上さんがやってきます。治療希望の玩具は事前にお預かり可能です。事務所にお持ちください。
さらに、24日のクリスマス会は、保育園初登場あそびうた作家の福田翔くんとのコラボ企画で“あそびうた&クリスマス”を予定しています。行事に向かってウキウキするような毎日が送れる12月にしていきたいです。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2013年12月号」

 園便り2013年11月号2013.11.7
春の全体懇談会の際に「今年はおむすびcafé を通して、くらき永田保育園の“保育と教育”をお見せします」と宣言しましたが、いよいよ今月22日は「おむすびcafé」が行われます。
4月から、自分たちでお米や醤油やヌカ漬けを育て、給食室でおむすび研修を繰り返し、バンダナやエプロンは草木染め、花器だって登り窯で作り、ポスターや店の飾り付けも全部プロデュースしたいきいき組の「本物のごっこ遊び」です。提供されるのはおむすびとヌカ漬けとアラ汁、値段は何と100円。
詳しくは後日お知らせします。

続きはこちらからダウンロードしてください。→「園便り2013年11月号」

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21
[管理]